HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter6 『執事の本音』 6-2


風合いのある木の手すりが、温か味を感じる。)

(晃にとっても、心落ち着く場所だった。)

チチッ チチチッ

(窓の外の小鳥の声に、少しゆがんだガラス窓へ振り返る。)

(柔らかな朝の光が、差し込んでいた。)

「・・あいつは、危ういところがある。」

『夏樹は、あいつには無防備だ。』

『“闇化”を防ぐ方法を見つけるために。 夏樹は欠片を集めると決めた。』

「彩の警告も、通じないだろう。」

「やっかいな問題にならなければいいが。」

『・・また俺が、手綱を握る羽目になる。』

(晃は一人冷静な自分を悔やんだ。 上着のポケットに手を入れ、苦笑し、
朝の香りのするダイニングへ向かった。)

***

カチャッ

「千波ちゃん。 朝食の時間かい?」

(聖は、デスクにもたれ。 アンティークの受話器を手にした。)

[「おまたせv 夏樹がお風呂に行ったから。 もうすぐ。」

[「ダイニングに下りてきて。」]



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ