HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter66 『写真』 66-3


「信じていないわけじゃないよ。 数馬。」

(雲ひとつない青空を見上げてから、夏樹は洗濯カゴの隣に座る
数馬を見つめた。)

「僕らはいつも、その可能性を考えてる。」

「敵は、すぐ側にいるかもしれない。」

「隣にいる。 友達かもしれない。」

(そう言いながら、膝を折り。 近づいた深い紺色の瞳は、
青空より深く。 落ち着いていた。)

「僕らが、こうして普通の人の生活の中に居られるのならば。

それは敵も同じことだから。」

(数馬は、真剣な表情で頷いた。)

「・・うん。」

(深い紺色の瞳は微笑んだ。)

「だからといって。 そういつも身構えていたら。

探したいものが見つからないぞ。」

「探したいもの?」

(数馬が不思議そうに瞬いた。)

「はい、はーいっ!

夏っちゃんおししょうさまっ!」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ