HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter7 『いつもの朝』 7-8


「夏っちゃん。」

「ん?」

「彩君から、今日は、外出して良いってね。」

「菖蒲君と気を付けて行っておいで。」

「ああ。 ありがとう。」

(聖は、夏樹の少しくせづいた深い紺色の髪と、紺色の瞳を見つめてから。)

(両手をテーブルの上で組んだ。)

「さて、皆に報告がある。」

(組んだ両手の指に光る、いくつもの銀の指輪と同じくらいに。 聖の瞳が鋭く光った。)

「新しいターゲットが決まった。」

「風見市だ。」

***

サァァァーッ

「んんっ、良い天気っ。」

(紫苑は二階の小さな自分の部屋で、ベランダの窓を開けた。)

(強い風が吹き込み、部屋に流れ、紫苑の長く明るいベージュ色の髪を
軽やかに揺らした。)

(大きな茶色の瞳に、ピンクに色づく頬。 青空にさらさらとなびく髪は、
腰まで届き。 重さを感じさせないほどに軽やかだ。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ