HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter7 『いつもの朝』 7-9


(両脇の髪が、段違いにカットされて。 小さな頬にかかる様子は
とても可愛らしい。)

「よしっと。 もう行かなきゃ。」

(白いレースのカーテンを揺らす風に微笑み、
部屋のドアへ歩き出す。)

(茶色のプリーツのスカートに、茶色のベスト。 白いブラウスの胸元に
赤い大きなリボン。)

(胸元には、小さな校章のピンバッジがとめられている。)

(白い一枚羽根に、ローマ字でKAZAMIと描かれているのは、
風見ヶ丘高校の校章だった。)

「パパが出る時間になっちゃう。」

(女の子らしい小物であふれる部屋、備え付けの小さなキッチンを過ぎると、
二階の玄関がある。)

(紫苑は玄関から出ず、すぐそば、階下へ続く階段をパタパタと下った。)

トットットッ

(二階から、外階段へ続く玄関と、直に一階の室内へも降りられるようになっていた。)

「おはよう。 パパ。」

(明るい木製の、手すり付き、細い階段の先に、暖かな朝日の射し込む、
ダイニングがある。)

(カウンターキッチンと続く、ダイニングに。 木製の椅子に腰かけ、新聞を開く
紫苑の父が居た。)

「おはよう、紫苑さん。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ