HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter77 『残像』 77-10


「これからたくさん出かけようっ! せっかく街に来れたんだもん。」

(紫苑は両手をポンと打ち。 目を輝かせ、周囲の壁を彩る、
風見市の風景を描いた絵画を、一つ一つ指さした。)

「あのね、夏樹くんに見せたいところがたくさんあるの。」

「見て、これは、砂貝海岸でしょう。

それから、これが、風の丘草原。」

(紫苑の指先を、夏樹は視線で追った。)

「きっと、どれも大切な瞬間を切り取ったもの。」

(紫苑は夏樹に振り返り、決意を新たにする様に、
大きく頷いた。)

「うん! 見にいかないなんてもったいないもんっ。

そうだ、明日の日曜日。 晴れたら風の丘草原に行こう!」

「お弁当持って、きっと気持ち良いよっ。」

(高い天窓から射し込む月明かりが、長く軽やかな髪を照らし、
幸せに微笑む笑顔は、ピンクの頬が可愛らしく。)

(壁に掲げられた青いタペストリーが、星屑を纏い。 ステップを踏む紫苑の足元を
キラキラと輝かせた。)

「えっ! 明日? ははっ、本部から呼び出されなければね。」

「もうっ。 夏樹くん。

戻ったとたん、お仕事はダメっ。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ