HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter78 『青い鳥』 78-6


「見に行ったことないって言ってたでしょう?」

(紫苑は、大きな明るい茶色の瞳を煌めかせた。)

「夏樹くんと行きたいの。」

(夏樹は、勢いに押された。)

「んんっ。 分かった。」

***

バタンッ バタンッ・・

(車は、桜ヶ丘から、1時間ほど走り。 風見市の外れにある、一際高い丘の上にある。
風の丘草原に来た。)

(背後には、大きないくつもの山が広がり。 奥には草原。
そして、車から降りて。 真正面には、驚くくらい広い。 芝生の野原が、目の前に
広がっていた。)

「うわ〜っ! ひっろ〜いっ!」

「すっげ〜!」

「ああっ! 夏っちゃ〜ん。 見てみてっ、海見えるっ!」

(数馬は興奮し、ぴょんぴょん芝生の上を飛び跳ねた。)

(カラフルな服に付けた、幾つものバッジやマスコットの飾りが、カチャカチャと。
数馬の気持ちを表す様に元気に音をたてた。)

「うん。」

(目の前の広大な景色に、圧倒され。 夏樹も頷いた。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ