HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter8 『遅刻予定のアポイント』 8-5


「ああ。」

「とりあえず、白さんを何とか、乗せなければなりませんね。」

(菖蒲が言いながら、テーブルで寝息をたてている白を見た。)

「白? 行くよ。」

(夏樹が白の背中に手をかけゆすったが、大きな白の背中は、微動だにせず。
テーブルに完全に突っ伏していた。)

***

トットッ

「橘、そういう訳だ。 僕は晃君と行く。 悪いけれど、3時には代理の者が行くと、

市長に伝えてくれないか?」

「はい、畏まりました。」

(橘は、聖から資料を受け取り、お辞儀した。)

「お前、一度くらい、アポを守ろうという気はないのか?」

(隣に立つ晃が鋭い視線を投げた。)

「時雨、本部に待機してくれ。 会議の後、大臣どもが聖に会わせろとうるさく

言う様なら。 追い返して良い。」

「畏まりました。」

(近くに居た時雨が、深くお辞儀した。)

パタパタパタッ



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ