HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter81 『Ability to・・』 81-2


「腹がへっては軍はできぬ。よv どれ?」

(千波は言いながら、自分の手を夏樹の額にあて、体温を測った。)

「冷た〜いっ。」

「くっくっくっ。」

(自分と良く似た顔立ちの、明るい茶色の瞳が、間近で見つめるのを
黙って見ていた夏樹が。 堪えられずに笑った。)

「久しぶりに冷たいぞチェックされた。」

(深い紺色の瞳と、明るい茶色の瞳が、触れ合うほどの至近距離で。
お互いの姿を映し出し、瞳の奥に笑顔を映した。)

(夏樹は僅かに背が高いものの、顔立ちも良く似。 映した様だった。)

(ただ、夏樹の肌は、蒼白なほど白く。 触れると冷やりとし。 艶やかに光る、
少しくせづいた深い紺色の髪が鮮やかに映え。 目を細めて笑う、
夜空の様に深い紺色の瞳は。 以前よりも色濃く。 奥に宿した力が、
炎の様にゆらめくのを。 力を持たない千波でさえ、感じられるほどだった。)

「大丈夫?」

(千波は、少し心配した様子で。 わずかに首をかしげ、夏樹を覗き込んだ。)

「・・。 大丈夫だよ。」

(何と聞いても、そう答えることは分っていた。 千波はわずかに肩をすくめ。)

(自分の中で、何かが変化しはじめていることを、千波には。 説明しなくとも、
わかっていることを。 夏樹も知っていた。)

「煮込みハンバーグじゃないか?」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ