HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter81 『Ability to・・』 81-21


「デザートあるのv お部屋に持って行くねv」

「あっ///v じゃあ、わたしお茶入れるから。」

(2人は向き合い、微笑んだ。)

「お茶会でもしてv 待ちましょうか♪」

「うん!」

(千波が居てくれることが、紫苑には嬉しかった。)

(ふとしたきっかけに、紫苑の胸に。 不安ともつかない何か、
不思議な感覚が過ぎることが、あったからだ。)

「心配ないわよ。」

(千波は微笑み、紫苑の手を取った。)

(夏樹と違う温かな体温が、触れた手から伝わり。 その笑顔は、
さきほど、隣で微笑んでいた夏樹とそっくりだった。)

(温かな感覚が、ほっと、紫苑を包み込んだ。)

***

「繁華街の方ですね。」

(二人は、外灯の照らす桜ヶ丘を下りながら、眼下に広がる
街並みの先。 いくつかの小さな灯りの灯る通りを確認した。)

「ああ。 剛さんが駅前に出てる。 僕が行ければ良い。」

ググンッ・・



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ