HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter88 『覚醒』 88-32


深く息を吸い込んだ。)

「ふぅ・・っ、・・、まいったな。 本当だ。」

「もう、あまり。 空間を抑えていられない・・。」

「本部に見つかったら、国に通報されるだろうか・・?」

「いや。」

「本部に見つかるより先に。 菖蒲が来る。 ソラたちの姿が、

データに捉えられないなら。 なんとかなる・・。」

「・・! ・・。 ああ・・っ。」

「・・ソラ・・!」

『・・、なんてこと・・。 してくれるんだよ・・。』

(夏樹は、自らがいる空間を。 外部から遮断し続けていたが。
あの強い気配に出会う度、不安定になる自分を保てず。 空間へ、外部からの侵入を
許してしまった。)

(見覚えのある気配が3つ、夏樹のいる空間に侵入した。
ソラのまとう魔法と、同じ力を感じる。 ソラが連れてきたに違いなかった。)

「・・・っ。」

(美空と、ピュアと呼ばれた少女だけでない。 巻き込まれてしまった3人を思い。
夏樹は言葉を失い。 両手で顔を覆った。)

(その場にくずおれるようにうつむいた夏樹の耳に、聞き慣れた足音が響く。)

「・・! 夏樹様・・!」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ