HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter91 『籠の中の世界(黒)』 91-21


降り立った、葵の。 豊かにカールした、薄紫色の長い髪を吹き上げた。)

(そっと、髪を抑える手に、銀のアクセサリーが揺れ。 FOT No.6と刻まれた文字が、
夜の明かりに光った。)

「優しいのね、光。」

「夏樹さんのことが心配?」

「静乃からフォローするように言われてる。 研究所の夏樹のデータを、奪ったらしい。」

「まぁ・・。 静乃さんったら、大胆ね。」

「まだ彩が抱えているデータもあるからな。 ・・聞いて放っておけるか?」

(葵は優しく微笑み、光を見た後、オレンジ色に浮かび上がる街の一角を。 指さした。)

「あそこでずっと、待っているの。」

「ん?」

「夏樹さんを連れてきてほしいなんて。 無理を頼んでごめんなさい。 光。」

「とても一人にしておけなくて。」

「いいよ。」

(光は葵をそっと肩に抱き寄せた。 聖に嘘をついたことで、自分も。 夏樹と同じ船に、
乗りかかってしまったことを、心の片隅で、感じながら。)

***

カランッ コロンッ

(心地良い下駄の音を響かせ。 静乃は、風見神社へと続く。 門前通りを歩きだした。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ