HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter98 『境界』 98-22


(疑わしげに、頬を膨らませるミイに気を取られ。 ソラは混雑するビュッフェ会場の
人混みにつまずきかけた。)

「っとっと、すんません。」

「ん? なんだ、菖蒲か〜。」

(ぶつかったのが、燕尾服のホテルマンかと思ったソラは、振り向いた菖蒲の、
眼鏡の奥の優しげな笑顔に。 笑った。)

「賑やかですね。」

(シャンデリアの光で、四角い黒縁眼鏡がきらりと光り。 艶やかに一つに縛った
後ろ髪が、
しなやかな燕尾服の肩に揺れた。)

「どうしたんだよ? やけにモテてるじゃん。」

(くっくっと、肩を揺らして笑い、ソラは菖蒲を見てニヤリとした。)

「・・。 小さなお嬢様方が、チョコレートファウンテンのやり方がわからないと、

おっしゃいますので・・。」

(菖蒲は少し困りながら。 自分を取り囲む、小さな子供たちに連れられ。
甘い香りのするデザートコーナーに押し出されていった。)

「早くはやくっ♪ マシュマロっ!」

「わたし、バナナ〜♪」

(ソラは、子供達の光景を見送り。 笑った。)

「くっくっ。 あいつ執事っぽい。」

「///? 執事でしょ。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ