HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter99 『決意』 99-78


(突然、歓声が響いた。)

「可愛いっ!!」

「かわいいです〜っ!///」

「ミイさまっv しおんさまっv」

(水着に着替えたミイと、紫苑は、躊躇いがちに、砂浜に足を踏み入れた。)

サァァァーッ

(海風が流れ。 ミイの鮮やかな、ビキニの上に、オレンジ色とピンク色の
グラデーションのパレオが華やかに揺れ。)

(小柄なミイの、オレンジ色の髪によく合い。 太陽の光が、透けるように鮮やかに
照らした。 海辺が良く似合い、可愛らしい。)

ザザザザーンッ・・

(海風と、波音。 歓声が混じる中、紫苑は頬を染め。 白い砂浜を歩いた。)

「/// やっぱり、恥ずかしいな・・っ///」

(三段フリルの胸元から、腰まで隠れる。 レースの様な白く長いタンクトップを
着たままだったが。 白さが映え。 大きなレースから時折覗く、鮮やかな色の水着が
よく似合っていた。)

(紫苑は躊躇いつつ、夏樹のそばに戻って来た。)

ザザーンッ・・

(夏樹は、しばらく言葉に出来ず。 そばに立つ紫苑を見て、瞬いた。)

「・・くっ、なんて顔してんだよ。 夏樹///」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ